Top Shei Page Favourite Trip www.miyaoka.com

Shei Trips YOICHI


お出かけ北海道 〜 余市編


余市は小樽の少しむこうで、りんごの里として知られているそうだ。 札幌から高速に乗れば 一時間ぐらいだろう。 もちろん JRでも行けるが、駅からちょっと遠い。
余市は毛利 衛氏が生まれ育った町ということで、宇宙記念館なるものが存在する。
宇宙なんかどうでもいい、という人にはウィスキー博物館があるぞ。
でも余市だけでは行く労力と楽しみがつりあわないので、 積丹半島のドライブなどを組み合わせたほうがいいかもしれない。

[余市宇宙記念館 スペース童夢]
1992年9月、NASAのスペースシャトル「エンデバー」に日本人科学者として初めて搭乗した 毛利 衛宇宙飛行士。彼にちなんで作られた記念館で、各種アトラクションが楽しめる。
★トレーニングサイト:
    無重力を体験したり、月で歩く感覚を体験できる。
    大人がやるのはちょっと恥ずかしいかもしれない。
    コンパニオンのおねぇさんが、立ったまま居眠りしていたのが印象的だった....。

★ステップトレイナー:
   目の錯覚で体が傾いているように感じる通路。君はまっすぐ歩けるか?!

★キッズコーナー:
   遊園地によくある、子供が靴を脱いで入ってぼよ〜んぼよ〜んと遊ぶやつ。
   ちゃんとおじさんがついていてくれるので、大人はとなりのステップトレーナーとかで遊べる。

その他、

★スペースシップ:
★ハッブルシアター:
★毛利記念ホール:

などいろいろな施設があるが、料金 1200円を考えるとちょっと物足りないかもしれない。
営業時間:夏季=9時〜18時、冬期=9時半〜17時
休館日  :年末年始、冬期の月曜日
入場料  :1200円

[ウィスキー博物館]
余市はニッカ発祥の地であり、またそのために日本のウィスキーの故郷とも言われているそうだ。 この博物館では、ニッカの創業当時の逸話やウィスキーの作り方などを知ることができる。
かなり広い敷地内に、工場や倉、池などがあって、散歩するだけでも気持ちがいい。 倉の中に入ると、ウィスキーのなんともいえぬ良い香りがして、めまいがしそうだ。 もちろんウィスキーを飲むこともできる。高いけどね。 飲みたい人は車で行くのはやめよう!
レストランや軽食はあるけど、あまりお勧めしない。 ただ、ひとつ素敵な喫茶店が見えたのだけど、貧乏のためあきらめたので、 おいしいのかどうかはわからない。
営業時間:夏季=9時〜16時半
休館日  :年末年始
入場無料、ただしウィスキーを買うなら金が要る!

[今回のおみやげ]

宇宙食(ピザ) 宇宙食(いちご) 自分で食べるためには買わない方がいいです。 でも、インパクトはあるのでお土産には最適! 他にもドライカレーやもち、ピーチなどがありました。 フリーズドライですが、そのまま食べます。 お湯を注いで食べるタイプもありました。
他にもなんだか怪しげなお土産が目白押し。宇宙人とかねー。

戻る

Copyright (C) 1999 by Abe Michiko