速習 讃岐弁(高松編)


Section 3 語彙編

ここまできたら、あともうすこし。 これは大切!というものには ◎ を付けてありますので、まずはそこから覚えましょう。 例文を見て、これまでに学習した語尾や接続語の復習もしてください。

◆名詞

語句意味
例/備考

あぶ[ら]むしゴキブリ(ちっちゃいみどりいろのやつも「あぶらむし」)

う[ちんく]私のいえ 「うちんくで遊ぼうで」
「あんたんく遠いけん、美保ちゃんくにしよ」

お[じゅ]っさんおぼうさん「はよせんとおじゅっさん来てしもたで」

お[とっちゃま]こわがり「ほんま、おとっちゃまやのぉ」

お[ぶ]水(特に飲み水?)「神さんのおぶとりかえて」
(神棚のお水をとりかえて、という意味)

[くそ]ぼっここのやろう、くそがき?長野など、子供のことを「ぼこ」という地方もありますが、これがそうなのかどうかはわかりません
[けんびき]肩凝りや、口角炎など、かなり幅広い症状に使用する語。「頭痛いよー」
「けんびきやろ。またこんつめて本読んだんちゃうんな」
じ[ぶん]あなた、おまえ 「自分が悪いんやろが!」
「自分、ようそなんこと言えるの。自分が浮気したんがいかんのやろ!」
「"自分と一緒におりたい"とか言われたらしゃーないやろ!」
「そんなん知らんわ。いいわけせんといてよ。これから自分どうするつもりなん!」

ち[り]しティッシュペーパー「ちりしとって」
「ちりしで花つくるやなんて、ふるいよなー」
「ごちゃごちゃ言うとらんで手ぇ動かし」

ち[りばこ]ごみ箱「あれ〜? ちりばこどこやったん?」

なんじゃ[か]いいろんなもの「ひとの部屋でなんじゃかい引っ張りださんといてよ!」

ね[つ]き鬼ごっこ「ねぇつきしよう」
「おまえがねぇぞ」
(わたしははじめこの言葉が分からなくて、「なにそれ」って聞いた覚えがあります)

ぶ[いぶい]かなぶん、こがねむし「ぶいぶいめ〜っけ!」
「そななん、どこんでもおるやん」

[ほっこ]あほ「おまえ、ほっこか」
(ケンカするとすぐにこう言ってごまかすやつがいました)

めん[め]自分「おかわり」
「めんめでしまい」

もの[ご]入れ物「これ入れるけん、ものごとって」

やい[と]お灸「今度いたずらしたらやいとするで」
ほんとにやいとされたことがあります(^_^;

◆ 動詞

語句意味
例/備考

い[が]む 歪む 「なんかその額いがんどんちゃん」
「そうかえー」

い[た]ちょうだい「そい取っていた」
「どれな」
[い]ぬ 帰る 「遅うなるけん、先いんどいて」
「ほんだら、いにしにうちく寄っていた」
え[ら]い しんどい 「あー、えらー。もう歩けん」

[おおかた]もう少しで、すんでのところで「車が突っ込んできてのー、おおかた死んにょったが」

お[が]すもぐ(竹の子取りにて)「下手くそやなぁ。もうちょっと下からおがさな」

おち[く]ぜる落ちる「昨日、いでにおちくっぜたが」
(「いで」というのは田んぼのわきの水路のこと)
お[なかが]お[きる]満腹になる「もう、おなかおきた?」

お[ら]ぶさけぶ「おーい」
「もっとでかい声でおらばな聞こえんで」

お[わ]える追いかける「追わえまわるけん、よけい逃げるんやろ」

か[く]もちあげる「テーブルどけるけんそっちかいて」

[か]すある程度の時間浸す「汚れがひどいけん、かしとき」
(お米も「かし」ます。北海道では「うるかす」って言うんだよ)

か[や]るひっくり返る「あ、コップがかやった」
「あんたがかやしたんやろ!」

[くらっしゃ]げるなぐる「生意気な事言うて! くらっしゃげるぞ!」

[こう]わい〜してこよう「ちょっと取ってこうわい」

こっ[さ]える作る「誕生日やからだんごこっさえてやろう」
「えー、ふつうケーキやろ....」
(こさえる、こっしゃえるという人もいます)

こ[そ]げる削り取る「また鍋こがしてしもた」
「ちゃんとこそげおとしとけよ」

こ[そ]ばすくすぐる「こそばー。もう、こそばさんといてよ!」

ご[みをほ]るごみをすてる「ごみほってきて」

こら[えん]ゆるさん「ええかげんにせんとこらえんで」

さ[え]るさわる、くっつける「ひゃー、冷たいんさえんとってよ」

[しよう]わいしよう「ご飯にしようわい」

す[ば]るしなびて縮む、しわしわになる「みかんがすばってしもた」
「それぐらいやったらまだ食べられるんちゃん」

[せせ]るいじる(犬をつついている子供に)「あんまりせせっりょったら噛みつかれるで」

[せ]なんだしなかった「とうとう宿題せなんだが」

せ[ら]うやきもちをやく(猫を抱きながら)
「タマばっかりだっこしょったらミケがせらいよるが」

ち[び]る消耗する「この鉛筆だいぶちびたな」

[ちみ]きるつねる「本気でちみきらんといてよ!」

[つく]なむしゃがむ「そなんとこでつくなんで、なんしょん?」
「ありんこ見よん」

て[が]う相手にする、からかう「あいつ調子にのるけんそれ以上てがうな」

[ど]くれるふてくされる「ちょっと怒られただけでどくれんなや」

な[しん]なるなくなる「あんた帰ってくるん遅いけん、おやつもうなしんなったで」

ねぶるしゃぶる、なめる「まだ飴玉ねぶっりょんな、はよ出しまい」

[はり]ますぶつ、ひっぱたく「ええかげんにせんとはりますぞ!」

ひ[ろ]げ[さ]がすちらかす「あんたまたこなんひろげさがして!なんでいっつもしまいできんのな!」

ほ[か]すすてる、燃やす娘「今の彼、うるさくってさぁ」
母「そんなん、はよほかしてしまい」

ほ[ぜ]る掘る「あの犬骨埋めるとてまたほぜっりょるが」
「どうせすぐ埋めたん忘れるのにの」
ま[がる]邪魔になる「こなんとこ椅子おいたらまがるやろ!」
「しゃーないやんか、他にどこ置くん」
ま[ける] 液体がこぼれる「あ〜あ、まけてしもうた」
「あんたがまいたんやーゆん」

ま[け]る かぶれる子「かゆいよぉ」
母「漆にまけたんやろ。なんにでもすぐ触るけんや」

[まく]れる ころぶ「水溜まりでもくれてびしょびしょになってしもた」」

[め]ぐ壊す「とうとうめいだんか。まぁ、めげたもんはしゃーないわ」

ようい[わん]わあきれた「あ、財布忘れてしもた!」
「よういわんわ」

よ[せ]る仲間に入れる「私もよして」
「いや」

◆ 形容詞・形容動詞

語句意味
例/備考

おっ[きょ]い大きい「おっきょけりゃええってもんちゃうやろ」

お[と]ましい面倒くさい、うとましい「おとましのぉ、さっさといね」

[が]い〜おき「ひしてがいに」で‘一日おきに’

[が]いにたくさん、ものすごい「そなんことしたら痛いやろ!」
「そなんがいに怒らんでええやんか」

き[ざ]からわざと(いやがることをする)「あんた年上なんやけんもうきざからせんの」

けたくそわるい 気分が悪い、むかつく「けたくそわるいやっちゃなぁ」

ご[じゃ]めちゃくちゃ「もうごじゃやが」

こ[わ]いかたい「このご飯ちょっとこわいで」

[こん]まいちいさい「この子はこんまいときから口が達者やったわ」

さか[し] 逆さま「それ、さかしやで」

しょー[ら]し 良い意味:まめまめしい
悪い意味:落ち着きがない
「しょーらしやっちゃなー」
じょんならん どうしようもない「うるそうてじょんならんわ、もちょっと静かにしまい!」

[だ]いだるい「ボーリングのしすぎで手がだいわ」
「うちも手がどうて鉛筆持てんが」

たい[ぎ]な めんどうくさい母「買い物行ってきて」
息子「たいぎやのー」
母「ええけん、はよ行ってきて!」

ちょっ[とこま] 少しの間「ちょっとこまやこしええやんか」
なん[で] どうして「なんでそんなこと言うん」
ぬ[く]いあたたかい「今日はぬくいのぉ」
は[が]いはらがたつ「あー、はがいまっしゃー」
(‘はがいましい’は‘はがい’の比較級)
は[じ]かいちくちくする「このセーターはじかいわ」
「下になんか着たらええやん」

[ひ]して 一日、一日中「あんた、ひしてね寝よったんな」

[へら]こい ずるい「あいつ、むっちゃへらこいんぞ」
[ほん]だら そうしたら、じゃあ(別れ際に)
「ほんだらのー」
「ほんだらのー」

[まんで]全部「自分がこうたんやけん、まんで食べまいよ」
む[つ]ごい 食べ物がしつこい、胃がもたれそうな「何食べる?」
「むつごうなかったらなんでもええわ」

[やぎろ]しい ややこしい、じゃまな「よこから口出さんとってよ、やぎろしい」
[よう]けたくさん「そなんようけ持てるんな?」


Copyright (C) 1998 by Abe Michiko