Top Shei Page Hokkaido www.miyaoka.com

北海道方言集


Section1 語尾編

断定形の「だべや」「だべさ」


「だよ」などの軽い断定には「だべや」「だべさ」を使います。 「だべや」よりも「だべさ」のほうがやや丁寧で、女性は「だべさ」を、 また、男性も目上の人には「だべさ」を使うようです。

断定・同意を求める「っしょ」


「でしょ」というと共通語なら女言葉のようですが、 北海道では男女どちらも「っしょ」を使います。 「で」がぬけて「っ」に変わるあたりが特徴でしょうか。 私にはまだ「だべさ」と「っしょ」をうまく使い分けることができません。

命令形の「れ」


「やめる」「する」の共通語の命令形は「やめろ」「やめよ」、 「しろ」「せよ」のように「ろ」や「よ」が用いられますが、 北海道では「れ」を使い、「やめれ」「すれ」になります。
これは普段よく聞きます。

自発・可能の表現「さる」


例えば、「書く」の可能表現「書ける」は「書かさる」になります。 また、自発の表現として「泣けてくる」を「泣かさる」のように言うことも できるのですが、最近はあまり言わないようです。

過去形の使用


店員が客に対して「一緒にお入れして、よろしかったでしょうか」とか、 「千円からでよろしかったでしょうか」いうように、北海道では 丁寧な表現として動詞の過去形が使われるようです。 慣れるまでとっても変な気分でした。 そうそう、宅急便やさんが「○○運輸でしたー」と言ってはいってきた のには感動しました。やっと聞けたっって感じで。

語尾編 | 語彙編 | 地名編 | 発音編

Copyright (C) 1998 by Abe Michiko